旧軍戦史雑想ノート  潜水艦戦史

   トップ > 潜水艦戦史 > 伊号-伊号第六五潜水艦

伊号第六五潜水艦


伊号第六五潜水艦→(伊号第一六五潜水艦)
海大五型(伊六五型)

計画番号   S29
基準排水量  1,575トン
常備排水量  1,705トン
潜行排水量  2,330トン
全長     97.70メートル
最大幅     8.20メートル
主機     ズルザー式三号ディーゼル×2基
発電機    閉鎖通風型×2基
補助発電機  ラウシェンバッハ式300Kw型×1基
電池     1号10型ペースト式×240個
燃料搭載量  230.0トン
軸数     2基
軸出力 水上 6800馬力
    水中 1800馬力
速力  水上 20.5ノット
    水中  8.2ノット
航続力 水上 10,000海里(10ノット)
    水中     60海里( 3ノット)
発射管 艦首 八八式53センチ×4基
    艦尾 八八式53センチ×2基
魚雷搭載数  14本
備砲     10センチ単装砲×1門
       7.7ミリ単装機銃×1基
安全潜航深度 75メートル
計画乗員数  82名
所属     〔開戦時〕
       第五潜水戦隊 旗艦:軽巡洋艦「由良」
        第二八潜水隊:伊号第五九潜水艦
               伊号第六〇潜水艦
        第二九潜水隊:伊号第六二潜水艦
               伊号第六四潜水艦
        第三〇潜水隊:伊号第六五潜水艦
               伊号第六六潜水艦
        特設潜水母艦「りおでじゃねいろ丸」

昭和16年12月9日
1515 馬来部隊潜水部隊の配備で中央散開線東端に位置した伊六五潜は、カモー岬の
   165度225浬地点で針路340度へ航行中の英戦艦2隻を発見、報告。
1720 スコールのため、英艦隊を見失う。
1822 艦首方向に再び発見したが、水上偵察機が飛来したので、急速潜航、英艦隊を
   見失う。

「南方作戦」中、伊六六潜と協同で商船9隻(28,700トン)を撃沈している。

昭和17年5月20日
艦番号に100を付与され、伊号第一五六潜水艦と改称された。

「ミッドウェー作戦」参加

昭和17年7月~19年10月
南西方面にて通商破壊作戦、インド・セイロンへの工作員輸送等の任務に従事。
この間、伊一六五潜は、商船4隻(24,590トン)を撃沈した。

昭和18年中
内地にて長期修理

昭和19年5月
ビアク島への輸送作戦中、爆雷攻撃により内殻の一部が変形する被害を受けた。

昭和19年10月
船体消耗のため、作戦使用が困難となった為、内地に回航された。

その後、戦局の悪化に伴い、有効艦齢を超えていた伊一六五潜も「回天」母艦として改装を受け、現役に復帰した。

昭和20年6月
マリアナ方面へ哨戒に出撃した際、行方不明となり喪失認定。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

筆者注:調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-06-23
第2稿 2005-08-22 大幅に加筆



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system