旧軍戦史雑想ノート  海軍陸戦隊戦史

   トップ > 海軍陸戦隊戦史 > 佐世保鎮守府-佐世保鎮守府第七特別陸戦隊

佐世保鎮守府第七特別陸戦隊


【司令】

【兵員】
1,669名

タラワ環礁ベティオ島守備隊〔約4,600名〕
第三特別根拠地隊

【司令官】
柴崎恵次  少将

【基幹兵力】
第三特別根拠地隊(本隊)     902名
佐世保鎮守府第七特別陸戦隊  1,669名

【守備隊装備】
20センチ砲     4門
14センチ砲     4門
8センチ砲      6門
12.7センチ高角砲 4門
7センチ高角砲    8門
速射砲        6門
13ミリ機銃    15挺
戦車        14両
山砲/歩兵砲    12門
重機関銃      18挺

昭和18年11月21日
早朝 米海兵隊15,545名が上陸を開始。
   第一陣、約5,000名の約3分の1を水際にて死傷させた。

昭和18年11月23日
米軍はベティオ島を占領。

昭和18年11月25日付
日本守備隊は玉砕。
捕虜146名。

《米軍被害》
損傷 :駆逐艦「リングコール」(沿岸砲の命中弾により)
死傷者:3,024名(死者約1,000名、負傷者約2,000名)



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

筆者注:調査未完のため、今後、大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2006-01-21

コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system