旧軍戦史雑想ノート  海軍陸戦隊戦史

   トップ > 海軍陸戦隊戦史 > 呉鎮守府-呉鎮守府第五特別陸戦隊

呉鎮守府第五特別陸戦隊


【司令】
林 鉦次郎 中佐

昭和17年8月25日
ニューギニア東南部ミルネ湾・ラビ東方海岸に上陸。
敵飛行場占領に向け西進を開始。

林中佐が戦死。

昭和17年8月29日
二度にわたり増援部隊が送られるが、戦況は膠着状態となる。

昭和17年9月2日
ラビ方面の激戦を伝えた後、通信連絡を絶った。

昭和17年9月5日
南東方面部隊指揮官は、残存の陸戦隊に対し、全員の引き揚げを命令した。
損害は上陸総員1,930名中の約3分の1に及んだ。
〔これが、日本軍が占領地より撤退した最初の撤退となった〕



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

筆者注:調査未完のため、今後、大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2006-01-15



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system