旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-陸軍編

   トップ > 航空戦史-陸軍編 > 陸軍飛行戦隊-飛行第七一戦隊

飛行第七一戦隊


【通称】
天風第一八四二九
誠 第一八四二九

【戦隊長】
綾部逸雄 少佐 (49期)  19年5月~敗戦

【飛行隊長】
石井弘文 大尉 (52期)  19年5月~8月
山本実三郎大尉 (53期)  19年8月~20年2月

【第2中隊長】
空 哲雄 大尉 (55期)  20年2月~敗戦
岡林竜之 中尉 (航士56期)
西村 敬 中尉 (航士56期)
石坂健郎 中尉 (航士56期)
池内正澄 中尉 (航士56期)
辻 嘉市 曹長 (下士89期)
福田瑞則 軍曹 (少飛10期)
三浦   軍曹

【整備隊長】
元 欣治 大尉 (54期)  19年5月~敗戦

【所属】
第二一飛行団
 飛行団長:吉岡 洋 中佐

昭和19年5月6日
軍令陸甲第34号により、亀山(北伊勢)で編成を開始した。第二一飛行団を構成。
綾部戦隊長は軽爆よりの転科。
操縦者は学生課程を終了した航士、特操、少飛の技量未熟者が多く、中心は航士56期の6名と、少飛10期生6名。
機材の充足も遅れ、第二一飛行団(第七一、七二、七三各戦隊)の中では戦力が最も劣弱だった。

昭和19年8月下旬
滋賀県八日市飛行場に移動。
逐次到着しはじめた四式戦闘機による未修教育を実施。
第一二飛行師団に編入。

昭和19年9月17日
編成完結。

昭和19年9月21日
小月飛行場に移動。

昭和19年9月24日
福岡県雁の巣飛行場に移動、ここで対ボーイングB29「スーパーフォートレス」四発重爆撃機迎撃の戦闘法を訓練しつつ、北九州防空任務に就く。

昭和19年9月25日
B29の大村地区来襲時に迎撃したが、戦果なし。

昭和19年10月31日付
大陸指により、戦隊はフィリピン派遣を命じられる。

昭和19年11月11日
錬成不足ながら、戦隊長綾部少佐以下28機が雁の巣を出発、同時に整備隊長:元大尉等最小限の地上要員56人が九七式重爆撃機に分乗して同行。
上海に向かう途中、済州島沖で偶然、本土攻撃に向かうB29の2機編隊を発見、第2中隊(長:空中尉)の12機が攻撃。B29は海上に投弾して遁走下。しかし、この攻撃で第2中隊機は燃料不足となり、大部が済州島に着陸し、上海で本隊に合流した。
他にも故障の続発で落伍する機が少なくなく、上海、屏東を経て、11月14日にクラーク基地群デルカルメン基地に戦隊長とともに着いたのは、18機のみ。
一方、特操、少飛を中心とする未熟操縦者10数名は残留し、留守隊長:山井照男少尉(少侯24期)の下で、11月防府に移駐し、練成を続行した。

昭和19年11月19日
クラーク基地群は米艦載機群の終日にわたる波状攻撃を受け、デルカルメンの七一戦隊は、炎上9機、大中破5機の損害を出した[七四戦隊の百式重爆は全滅]。人員に損失はなし。

昭和19年11月20日
ポーラックに移動、その後、若干の機材を補充。

昭和19年11月23日
綾部戦隊長以下可動全力の6機がネグロス島マナプラへ前進した。

昭和19年11月24日
「第二次航空総攻撃」
基地上空の制空を行い、レイテ島に出撃する主力の出発と帰還時の掩護に当たり、来襲したロッキードP38双発双胴戦闘機を迎撃。
岡林中尉が戦隊による初撃墜を記録した。
【戦果】
71FR 岡林 竜之 中尉(航士56期)    ※撃墜:P38戦闘機1機

昭和19年11月末頃
戦隊はデルカルメンに後退し、機材の補給を受ける。

昭和19年12月上旬
戦隊はマナプラに再進出し、レイテ島向け増援・補給船団(多号第7~9次)、特攻機突入の掩護等に当たった。

昭和19年12月6日
「ブラウエン降下作戦」
第一八戦隊[3式戦Ⅰ型]、第三三戦隊[1式戦Ⅱ型]と協同。
【戦死者】
71FR 西村 敬  中尉(航士56期)    *ネグロス

昭和19年12月11日
「多号第9次輸送船団護衛」
パロンポン上空で有力な敵戦闘機群に阻止され、大混戦の中で計11機の戦闘機を損失。
七一戦隊も石坂健郎中尉ら4名が戦死。
【戦死者】
71FR 石坂 健郎 中尉(航士56期)    *オルモック
   ほか3名

昭和19年12月12日
【戦死者】
71FR 池内 正澄 中尉(航士56期)    *オルモック
71FR 辻  嘉市 曹長(下士89期)

昭和19年12月14日
米軍がミンドロ島に上陸、ネグロス島は後方に取り残された形となった。

昭和19年12月24日
可動機0となったので、山本飛行隊長らがデルカルメンへ機材受領のため戻り、月末から正月早々にかけて、マナプラへ復帰した。

昭和20年1月3日
少数機によるタクロバン攻撃を実施。

昭和20年1月7日
「上陸船団攻撃」
リンガエン湾上陸に向かう輸送船団を、スール海で捕捉するため、福田瑞則軍曹は僚機の三浦軍曹と出撃したが、発見できず単機で帰投中、パゴドロ上空で五四戦隊の杉本 明准尉機と合流、スコールの中を、マナプラ飛行場への着陸進路に入った。
杉本機はファブリカ飛行場に向かったが、この時超低空で偵察に飛来したマクガイア少佐指揮のP38戦闘機4機と遭遇、先頭のリトメイヤ少佐機を撃墜した。
福田軍曹はその直後に高度300メートルで、残りの3機と正面から遭遇、小型爆弾と落下タンクを付けたまま、体当りの体勢で撃ち合って先頭機を撃墜したのち、残る2機と旋回戦闘に入り、1機に煙を吐かせたが、被弾大破して着陸した。米側の記録によると福田機に撃墜されたのが、マクガイア少佐機である公算が強い。
【個人戦果】
71FR 福田 瑞則 軍曹(少飛10期)    ※撃墜:P38戦闘機1機
                       撃破:P38戦闘機1機

昭和19年1月15日付
大陸指で内地帰還を命じられた。

昭和19年1月23日
【戦死者】
71FR 斉藤 武夫 軍曹(少飛10期)    *タクロバン

昭和19年2月2日
マナプラを脱出した山本飛行隊長機(綾部戦隊長同乗)は、パゴドロ上空でP38戦闘機に攻撃されて不時着、山本飛行隊長は戦死、綾部戦隊長は重傷を負った。
【戦死者】
71FR 山本実三郎 大尉(航士53期)    *ネグロス 事故 飛行隊長

その後
生存操縦者は逐次重爆等でネグロス島を脱出。ボルネオ(サンダカン、クチン)、仏印(ツーラン)やシンガポール経由で、3月末の岡林中尉を最後に内地に帰還した。
また、デルカルメンに残留していた空大尉らの操縦者は、1月上旬特攻隊に編入されリンガエン湾に突入し、生存者は台湾に後退、ついで内地に帰還した。しかし、ルソン、ネグロスに残った整備隊の主力は、陸上戦闘に参加した後、大多数が未帰還となった。

昭和20年4月1日
内地に帰還した戦隊は、防府の残留隊を基幹に、フィリピンより帰還した綾部戦隊長の下で戦力再建に入る。

『フィリピン戦における個人撃墜』〔筆者注:調査未完〕
岡林 竜之  中尉(航士56期)      ※撃墜:P38戦闘機1機
福田 瑞則  軍曹(少飛10期)      ※撃墜:P38戦闘機1機
                       撃破:P38戦闘機1機


*未完稿


【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

筆者注:調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2007-10-08



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system