旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-陸軍編

   トップ > 航空戦史-陸軍編 > 陸軍飛行戦隊-飛行第六八戦隊

飛行第六八戦隊


【通称】
満第五七五
洋第九一五一
真第九一五一

【飛行分科】
戦闘

【編成】
昭和16年7月29日
 朝鮮・会寧)
昭和17年3月31日
 ハルビン(78FRと同時)

【機種】
九七式戦闘機、三式戦闘機

【解隊】
昭和19年8月20日付
 西部ニューギニア・サルミにて復帰

【戦隊長】
下山登令 少佐(陸士37期)〔17年3月~18年8月〕
木村 清 少佐(陸士43期)〔18年8月~19年1月 東部ニューギニア地区グンビ
                           上空にて戦死〕
田代 完 少佐(陸士49期)〔19年1月~3月〕
貴島俊男 少佐(陸士50期)〔19年4月~7月    ハルマヘラ・ミチ島にて
                           戦死〕

昭和17年3月31日
ハルビンにて78FRと同時に編成された。
同日、新編された第一四飛行団に78FRと共に編入。
当初は九七戦を装備していたが、最初の三式戦装備部隊となる。

昭和18年4月
南東方面ラバウル地区に展開。
一部はハルマヘラ島ワシレの防空。

昭和18年11月
東部ニューギニア地区ウエワクに進出。

昭和19年4月22日
ホーランジアに米軍上陸。

昭和19年8月20日付
西部ニューギニア・サルミにて復帰


*未完稿


【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

筆者注:調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2007-07-09



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system