旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設航空機運搬艦-特設航空機運搬艦「りおん丸」

特設航空機運搬艦「りおん丸」


【特設軍艦】
特設航空機運搬艦「りおん丸」
日本郵船 貨物船

【排水量】
7,017総トン

【速力】
14.6ノット

【徴用】
昭和16年3月 特設航空機運搬艦籍に編入

【船籍変更】
昭和19年1月 特設運送船(雑役)籍に編入

【所属】
第一一航空艦隊

ラバウル~パラオ間の飛行機輸送に従事。

昭和18年12月12~18日
ボルネオ島バリクパパンを護衛の旧式駆逐艦「若竹」(南西方面艦隊所属)と出港。パラオに向かう。

昭和18年12月13日
米潜水艦「ポギー」の雷撃を受けるが回避。
護衛の「若竹」が「ポギー」を探知し、爆雷6発を投下。
《米軍記録》
損傷:潜水艦「ポギー」(魚雷発射管とエンジン補機が損傷、作戦を中止し帰投した)
*「ポギー」は、伊一八三潜、駆逐艦「峯風」等16隻の日本艦船を沈めた。

昭和19年1月
特設運送船(雑役)に艦籍変更される。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-08-24
第2稿 2005-12-04 一部加筆
第3稿 2005-12-16 一部加筆



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system