旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設特務艇-特設敷設艇「高千穂丸」

特設敷設艇「高千穂丸」


【特設特務艇】
特設敷設艇「高千穂丸」
南貿汽船

【総排水量】
342トン

【所属】
横須賀防備戦隊・伊勢湾防備隊
 特設敷設艇「高千穂丸」
 第二五特設掃海隊
 第二六特設掃海隊

和18年6月26~27日
未明   静岡県浜松沖にて米潜水艦「ジャック」の雷撃を受け、「東洋丸」
     (4,163総トン/沢山汽船)、彰山丸(5,857総トン/山本汽船)
     が撃沈された。
     その際、「高千穂丸」も3本の魚雷を回避し、直ちに爆雷攻撃をおこない、
     「ジャック」左舷後方で爆発、艦尾が水上に突出し、船体は25度傾いた。
翌27日、伊勢湾防備部隊(第二五特設掃海隊主体)の4隻が加わり、潜水艦を探知
     し爆雷を投下した。
《米軍記録》
損傷:潜水艦「ジャック」
   (エンジンが片方と前後の潜舵の動力、SDレーダー、第二潜望鏡が故障し
    使用不能となったが、作戦行動を続行した)
*「ジャック」は、第二八号掃海艇を含む日本艦船15隻を沈めた。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-08-24



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system