旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設特務艇-特設駆潜艇「旺洋丸」

特設駆潜艇「旺洋丸」


【特設特務艇】
特設駆潜艇「旺洋丸」
日本水産

【排水量】
88総トン

【所属】
馬公防備戦隊
 特設砲艦 「長白山丸」  (2,231総トン/朝鮮汽船)
 特設駆潜艇「楊梅丸」   (   99総トン/日本水産)
      「旺洋丸」   (   88総トン/日本水産)
      「第二一日東丸」(   95総トン/日東漁業)
      「第二二日東丸」(   95総トン/日東漁業)
 敷設艦  「測天」

昭和18年3月19日より
「対潜掃蕩作戦」
上記の被害により、まだ台湾北方付近に潜伏中と思われるの潜水艦を掃蕩するため、基隆地区防備部隊と新竹海軍航空隊の九六式陸攻3機、澎湖海軍航空隊(筆者注:機種不明〈水偵か?〉)対潜作戦を行った。

昭和18年3月23日
未明 敷設艦「測天」が、浮上中の潜水艦を発見。
   直ちに潜行した潜水艦に対して爆雷を投下。
   「測天」の通報により、特設砲艦「長白山丸」、特設駆潜艇「楊梅丸」
   「旺洋丸」「第二一日東丸」「第二二日東丸」が、現場海域に到着。
   「旺洋丸」が7ノットの低速で爆雷を投下。続いて「長白山丸」が爆雷
   6個を投下。
   爆雷攻撃の衝撃で、潜水艦の艦首が3メートルほど海面より突き出てき
   たが、すぐに沈下した。
1326 海底より黒い油紋が浮いてきた。
   さらに攻撃を続行、16時間にわたり6隻合計で41発の爆雷を投下した。

昭和18年3月24日
6隻は爆雷攻撃を続行、追跡距離は24海里に及んだ。
【戦果】
撃沈:潜水艦1隻
   〔敷設艦「測天」、特設砲艦「長白山丸」、特設駆潜艇「楊梅丸」「旺洋丸」
    「第二一日東丸」「第二二日東丸」による協同により〕
《米軍記録》
損傷(大破):潜水艦「キングフィッシュ」
      (推進軸が湾曲、船体の損傷が激しく、本国のメーアイランドの
       海軍工廠で、数ヶ月に及ぶ修理を行った)
*「キングフィッシュ」は、二等輸送艦一三八号、「高千穂丸」他、14隻の日本艦船を沈め、第21位(「グレイバック」と同順位)を誇った。

*作戦の性質上、協同戦果が多い為、一部の記載は、他艦艇と重複しております。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-08-19



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system