旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設特務艇-監視艇「ふさ丸」

監視艇「ふさ丸」


【特設特務艇】
特設監視艇「ふさ丸」
千葉県水産試験場

【排水量】
176総トン

【所属】
第二一戦隊

昭和19年11月17日
太平洋上を哨戒中の監視艇「ふさ丸」は、浮上してきた米潜水艦「ロンキル」と砲戦を行う。
「ふさ丸」は、「ロンキル」の、40ミリボーフォース機関砲、12.7センチ砲により大破・放棄された。
この交戦で、「ロンキル」は、後部発射管上の魚雷積み込み口が爆発。また、船体の耐圧区画で2箇所の貫通部分があったため、作戦を中止し、ハワイの基地に帰還した。原因は40ミリ砲弾が、後甲板に張ってあったワイヤーに触れ、爆発したことがあげられる。
《米軍記録》
損傷:米潜水艦「ロンキル」
「ロンキル」は対戦中に「ふさ丸」の他、商船2隻を撃沈している。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-10-18



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system