旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設敷設艦-特設敷設艦「辰宮丸」

特設敷設艦「辰宮丸」


【特設軍艦】
特設敷設艦「辰宮丸」
辰馬汽船

【基準排水量】6,343トン

【所属】
第一七戦隊(開戦時)

昭和16年12月3日
海南島発。

昭和16年12月7日
未明、マレー半島パタニの東方、チオマン島付近の海域に九三式係繊触発機雷456個を60~70メートル間隔で敷設。

この地点でオランダ潜水艦「O‐16」が行方不明となり、「辰宮丸」の敷設した機雷原にて沈没した。また、同様にオランダ潜水艦「K‐17」もこの機雷原で沈没した可能性がある

(「K‐17」潜については、シンガポール海峡の東方に伊一二一、一二二潜がそれぞれ42個の八八式機雷を12月7日に敷設しているのでこの機雷により沈没した可能性もある)。

[筆者注:九三式機雷=昭和8年正式採用、重量0.71トン、球状部分の直径86センチ、八八式または九七式炸薬100キロ]



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-06-26



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system