旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設敷設艦-特設敷設艦「新興丸」

特設敷設艦「新興丸」


【特設軍艦】
特設敷設艦「新興丸」
新興商船〔昭和18年以降、橋本汽船〕

【入籍】
昭和15年12月16日付 特設敷設艦籍
(同日に機雷敷設に従事する特設敷設艦に指定された)

【総トン数】
6,479トン

【機雷搭載量】
700個

【所属】
第三艦隊・第二根拠地隊       〔開戦時〕
第二南遣艦隊・第二十三特別根拠地隊 〔昭和17年3月10日付〕
海上護衛総隊・第十八戦隊      〔昭和19年1月20日〕
[当初、第二十三特別根拠地隊にあって南方を行動していましたが昭和18年の終わりか19年のはじめに第十八戦隊に合流し佐世保を中心に活動(重箱隅突付枡さまよりの情報)]
 第十八戦隊:敷設艦  「常盤」
       特設巡洋艦「西貢丸」
       特設敷設艦「高栄丸」
            「新興丸」
これらの特設艦は機雷の敷設軌条が2条だったが、元来が貨物船だったので、機雷の搭載量が多かった。

昭和18年5月21日
軍令部総長:永野修身大将は、鎮海警備司令官:後藤英次中将に対し、黄海に対潜防御用機雷原を敷設すること下令した。
上記、特設巡洋艦「西貢丸」、特設敷設艦「高栄丸」、「新興丸」は、一時的に鎮海警備府に編入され、朝鮮半島の南西端から南西に向け、長さ158浬に渡り2列6,000個の機雷を浅深度に敷設することになった。

九三式係繊触覚機雷を舞鶴を搭載。

昭和18年6月初め
黄海南部に3隻が並行に航行し、80メートル間隔で震度13メートルと23メートルに敷設。

昭和18年9月
敷設艦「那沙美」が黄海に機雷を敷設、同機雷原を強化。

昭和19年1月
敷設艦「厳島」が黄海に機雷を敷設、同機雷原を強化した。

昭和19年1月~2月
哨区が黄海の米潜水艦「スコーピオン」は、1月6日以後消息を絶ち、黄海に敷設された機雷原にて沈没したものと推定されている。
《米軍記録》
喪失:「スコーピオン」
   (艦長:M・G・シュミット中佐以下76名全員が行方不明)
*「スコーピオン」は日本商船4隻を撃沈している。

昭和19年1月20日
第十八戦隊が「常磐」「新興丸」「高栄丸」「西貢丸」で編成された。

昭和19年10月17日以降(?)
哨区が黄海の米潜水艦「エスコラ-」は、9月18日ハワイを出撃(初出撃)。ミッドウェーで燃料を補給。10月17日に僚艦「パーチ」に「本艦の現在位置は朝鮮半島の南西方の黄海にあり」と通信を送り、以後、消息を絶った。
《米軍記録》
喪失:「エスコラ-」
   (艦長:ウィリアム・J・ミリガン中佐以下82名全員が行方不明)
*「エスコラ-」による日本艦船の被害は無い。

昭和19年1月~6月
東シナ海に機雷12,000個を使用、4地点に大規模対潜機雷礁を敷設した。

昭和19年6月19~20日
第四機雷礁(沖縄付近)で敷設作業がおこなわれた。
第十八戦隊
 敷設艦  「常盤」
 特設巡洋艦「西貢丸」
 特設敷設艦「高栄丸」
 特設敷設艦「新興丸」
警戒隊
 水雷艇  「友鶴」(第四海上護衛隊)
 敷設艇  「鷹島」(大島防備隊)
 駆潜艇第五八号  (第四海上護衛隊)
 旧駆逐艦 「海威」(旧「樫」、1937年満州国に譲渡)
上記、特設艦艇は、九三式機雷と六号二型機雷を合計1,650個を距離165キロ、各100メートル間隔で深度13メートルに敷設した。

昭和19年10月10日
「タマ二十九のA船団」(高雄~マニラ間)
【船団編成】
二等輸送艦第一三五号(950トン)
  〔トラック1台、特二式内火艇9隻と戦車兵78名を搭載〕
二等輸送艦第一三六号(950トン)
  〔トラック1台、特二式内火艇9隻と戦車兵77名を搭載〕
敷設艇「前島」   (720トン)
特設敷設艦「新興丸」(橋本汽船、6470総トン)
0400 高雄を出港。
   ルソン海峡を縦断し南下。

昭和19年10月11日
第三南遣艦隊(司令部:マニラ)は、「タマ二十九のA船団」に対しルソン海峡南部ムサ泊地への避退を命じた。

昭和19年10月16日
第三南遣艦隊より、船団はルソン島北西岸ラボック湾へ前進せよと命令を受け、ムサを出港。
1800 ラボック湾に入泊した。

昭和19年10月18日
船団はラボック湾に残留する第一三五号輸送艦、「新興丸」とすぐ北方のサロマグ湾に向かう第一三六号輸送艦、敷設艇「前島」に分かれた。
フィリピン中部と北部に対して、米海軍の第38機動部隊第2任務群「イントレピッド」など正規空母3隻、軽空母1隻、第3任務群「レキシントン」など正規空母2隻、軽空母2隻の艦載機による空襲が開始された。
1300過ぎ ラボック湾が急降下爆撃機による攻撃を受ける。
     4分後、サロマグ湾も同様に攻撃を受けた。
     ラボック湾の「新興丸」に爆弾が命中、搭載していた機雷が誘爆し轟沈。
     生存者無し。
     第一三五輸送艦は機銃掃射により上甲板上の特二式内火艇が炎上した。
     サロマグ湾の第一三六号輸送艦は艦尾に3発の爆弾が命中し、特二式内火艇
     の燃料に引火、大火災を起こす。「前島」は対空砲火により防戦したが、
     爆撃により沈没した。
1335   第一三六号輸送艦が総員退去命令。
1340   第一三五号輸送艦に総員退去命令が出た。
船団の4隻は全滅した。
「新興丸」以外の各艦の乗員と特二式内火艇の乗員総数約360名は海岸に泳ぎ着き生存した。

昭和20年1月
沖縄近海の配置についていた「ソードフィッシュ」への、一次哨区を離れ屋久島近海に移動する命令に対し、1月3日受信確認の通信を送信、以後、音信を絶ち、沖縄近海で機雷原にて沈没したと推定される。
《米軍記録》
喪失:「ソードフィッシュ」
   (艦長:K・E・モントローズ中佐以下89名全員が行方不明)
*ソードフィッシュは、駆逐艦「松風」を含む、日本艦船21隻を撃沈している。

特設敷設艦「新興丸」の関連した機雷敷設による戦果は、米潜水艦〔「スコーピオン」「エスコラー」「ソードフィッシュ」〕3隻と推定される。
*特設巡洋艦「西貢丸」、特設敷設艦「高栄丸」の稿も参照下さい。



【備考】
(重箱隅突付桝さまよりの情報)
特設艦船となった商船の「新興丸」は3隻あり、
1.特設敷設艦「新興丸」
2.特設砲艦 「第一号新興丸」
3.特設砲艦(機雷敷設に従事する特設砲艦)「第二号新興丸」
です。
1は新興商船の船で昭和18年以降に橋本汽船に移籍したようですが詳細は存じません。
2は丸井汽船の船で昭和18年以降に図南汽船に移籍したようですが詳細は存じません。入籍は昭和13年ですが昭和16年10月15日に「第一号新興丸」と改名されました。
3は大阪商船の船で昭和14年に東亞海運に移籍しました。最初に書かれてあったように関西汽船に再度移籍したかどうかは存じませんが、すくなくとも昭和18年の日本船名録(昭和17年末現在)までは東亞海運所属になっております。

(出沼ひさしさまよりの情報)
コメント欄を参照ください。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-07-15
第2稿 2005-07-17 一部加筆
第3稿 2005-07-23 「西貢丸」「第二号新興丸」「高栄丸」に分稿
第4稿 2005-09-30 一部訂正・加筆
第5稿 2005-10-01 一部訂正・加筆
第6稿 2005-10-02 一部稿修正
第7稿 2005-12-23 一部加筆
第8稿 2006-07-29 一部加筆

コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system