旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設潜水母艦-特設潜水母艦(特設運送船)「平安丸」

特設潜水母艦(特設運送船)「平安丸」


【特設軍艦】
特設潜水母艦「平安丸」
日本郵船 客船

【排水量】
11,614総トン

【速力】
18.5ノット

【徴用】
昭和16年10月 特設潜水母艦籍に編入

【転籍】
特設運送船籍に編入

【所属】
第一潜水戦隊/旗艦〔「靖国丸」の後継艦〕

昭和18年11月14~23日
「第三一一五船団」
船団:特設潜水母艦「平安丸」、タンカー「慶洋丸」、給糧艦「伊良湖」、護衛隊:駆逐艦「雪風」、海防艦「隠岐」が、横須賀を出港し、トラック島に向かった。

昭和18年11月19日
早朝 米潜水艦「デース」により雷撃を受けるが回避。
0510 海防艦「隠岐」が爆雷3個を投下。
0724 「隠岐」は左横斜800メートルに潜望鏡を発見し、爆雷4個を投下。
1130 「隠岐」は爆雷2個を投下。
《米軍記録》
損傷:潜水艦「デース」(損害は軽微)


特設運送船に艦籍変更。

昭和19年2月
「トラック空襲」
米艦載機の攻撃により沈没。

*太平洋戦争に参加した特設潜水母艦として改装された7隻の内の1隻



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-06-23
第2稿 2005-12-17



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system