旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設航空母艦-
特設航空母艦「大鷹」/旧特設航空母艦「春日丸」【護送空母】

特設航空母艦「大鷹」/旧特設航空母艦「春日丸」【護送空母】


日本郵船の欧州航路用客船「新田丸」型三番船の「春日丸」
〔オリンピック大会用の大型豪華客船として建造された〕を改造
進水直後、海軍に徴用され特設航空母艦に改造された。

【同型艦】
「雲鷹」〔旧特設航空母艦「八幡丸」〕、「冲鷹」

【起工】
昭和15年1月 6日 三菱長崎造船所

【進水】
昭和15年9月19日

【徴用】
昭和16年5月 1日 佐世保海軍工廠

【改装完成】
昭和16年9月 5日

【基準排水量】
17,830トン

【速力】
21.0ノット

【航続力】
8,500浬(18ノット)

【発着甲板】
長さ172.0メートル、幅23.5メートル

【備砲】
12センチ単装高角砲4門
25ミリ連装機銃4基8挺

【搭載機数】
27機
九六式艦上戦闘機
九六式艦上爆撃機

【艤装員長】
石井芸江  大佐 (海兵39期)
        16年 5月 1日~8月11日
高次貫一  大佐 (海兵44期)      〔岩国航空隊司令より〕
        16年 8月11日~9月5日

【艦長】
高次貫一  大佐 (海兵44期)
        16年 9月 5日~10月24日
篠田太郎八 大佐 (海兵44期/海大26期)〔特設水上機母艦「神川丸」艦長より〕
        17年10月24日~18年5月29日 〔呉海軍航空隊司令へ〕
松田尊睦  大佐 (海兵45期)      〔「神川丸」艦長より〕
        18年 5月29日~11月17日   〔軽巡「阿賀野」艦長へ〕
松野俊郎  大佐 (海兵42期)      〔横須賀港務部長兼任〕
        18年11月17日~19年2月15日
別府明朋  大佐 (海兵38期/海大21期)〔航空母艦「千代田」艦長より〕
        19年 2月15日~3月20日
杉野修一  大佐 (海兵46期)
        19年 3月20日~

【副長】
青山茂雄  中佐 (海兵48期)  16年

【機関長】
浜野軍一  中佐 (海機29期)  16年

【所属】
第一航空艦隊・第五航空戦隊     16年 9月 1日付~25日
第一航空艦隊・第四航空戦隊     16年 9月25日付~
連合艦隊附属            16年12月13日付~
呉鎮守府所属            16年12月31日付~
海上護衛総隊附属          18年12月15日付~
第一海上護衛隊編入         19年 4月29日付~8月18日

戦闘機隊編成〔昭和17年7月頃〕
【飛行長】
五十嵐周正 少佐 (海兵56期)  17年4月11日~

【飛行隊長】
塚本祐造  大尉 (海兵66期)

【分隊士】
松場秋夫  飛曹長(操練26期)

【先任搭乗員】
青木恭作  一飛曹(操練25期)       ~10月 佐世保空へ

【搭乗員】  
大久保良逸 一飛曹(操練27期)       ~10月 佐世保空へ
近藤 仁  一飛曹(乙飛 6期)       ~10月 佐世保空へ
前田英夫  一飛曹(甲飛 1期)       ~10月 佐世保空へ
米田康喜  二飛曹(丙飛 2期)  17年7月~10月 佐世保空へ
安達繁信  二飛曹(乙飛 9期)  17年7月~10月 佐世保空へ
杉野計雄  三飛曹(丙飛 3期)  17年7月~10月 佐世保空へ
谷水竹雄  三飛曹(丙飛 3期)  17年7月~10月 佐世保空へ

艦爆隊編成[筆者注:調査未完]

昭和16年9月1日付
第一航空艦隊/第五航空戦隊に編入。
正規空母「翔鶴」
改装空母「春日丸」

昭和16年9月25日付
第一航空艦隊/第四航空戦隊に編入。
正規空母「龍驤」(旗艦)
改装空母「春日丸」

昭和16年9月26日
大村基地にて訓練中の飛行機隊を収容。

昭和16年10月4日
佐世保出港。

翌日
鹿児島で四航戦と合同した。

昭和16年10月26日
高雄に入港。
基地訓練に入る。

昭和16年11月10日
佐世保に帰港。
飛行機隊は大村基地にて基礎訓練に入る。

昭和16年11月28日
「春日丸」は、第十一航空艦隊所属の飛行機を搭載し、パラオに向かう。

昭和16年12月12日
徳山に帰港。

昭和16年12月13日付
連合艦隊附属となる。

昭和16年12月31日付
呉鎮守府所属

昭和17年1月8日~2月16日
第十二連合航空隊の着艦訓練に従事。

昭和17年2月25日~3月12日
トラックへの飛行機輸送任務。

昭和17年4月3日~5月16日
ルオット、ラバウル方面への飛行機輸送任務。

昭和17年4月11日
飛行長:五十嵐周正少佐(海兵56期)が着任。

昭和17年6月25日
飛行機隊を収容。

昭和17年7月
「春日丸」飛行隊は、大分海軍航空隊にて訓練を開始。乗機は九六式艦戦であった。
第六航空隊より、米田康喜、安達繁信二飛曹、杉野計雄、谷水竹雄三飛曹が着任。
「大鷹」は速力が低いため、発着艦が困難であったので、熟練搭乗員が揃えられた。

昭和17年8月1日
「春日丸」は海軍により買収された。

昭和17年8月
大分基地を撤収。

昭和17年8月31日
「春日丸」は軍艦籍に入り航空母艦「大鷹」と改める。

昭和17年8月17日~
「大鷹」は、連合艦隊旗艦「大和」の護衛空母として、ソロモン方面にむけて柱島を出港。
戦闘機隊はトラックに向かうため出港した「大鷹」に洋上で着艦、収容された。

昭和17年8月22日
九六式艦上爆撃機による前路哨戒、九六式艦上戦闘機により2時間交替の対潜哨戒を行う。

昭和17年8月24日
「第二次ソロモン海戦」
上空哨戒に九六式艦戦6機が発進。
哨戒の飛行艇を発見したが、取り逃がす。

昭和17年8月25日
戦場より離脱、トラックに向かう。

戦闘機隊は、トラック到着後、竹島に移動して訓練を開始。

入港後、艦隊より編成を解かれ、輸送空母に戻る。
母艦はその間、内地を往復しマーシャル方面への零戦輸送輸送任務についていた。
搭乗員が乗艦、タラワ基地へ零戦を、ダバオ基地への艦爆の空輸を行う。
物資とダバオより乗艦させた陸軍兵をパラオに輸送。

昭和17年9月28日
トラックに入港直前、潜水艦による雷撃を受け、魚雷2が命中。1本は不発貫通、1本が前部艦橋下の軽質油庫と弾火薬庫の中間にある機関科兵員室に命中爆発し、非番の10数名が死傷(戦死13名)、キールを破壊した。
そのまま自力で入港、応急処置を施した。

昭和17年10月7日
呉に帰投。
「大鷹」戦闘機隊は解散し、戦闘機隊の下士官搭乗員は全員、大村海軍航空隊の教員としての転勤が発令された。

昭和17年10月14日
呉にて入渠修理。
10日間で修理完了、横須賀に回航。

昭和17年10月24日
艦長:篠田太郎八大佐(海兵48期/海大26期)が着任〔特設水上機母艦「神川丸」艦長より〕。

昭和17年11月1日~18年5月29日
トラックへ6回、マニラ、シンガポール方面へ1回、輸送任務についた後、佐世保に入港。入渠修理の後に横須賀に回航。

昭和18年2月1日
航空母艦「雲鷹」とともに、横須賀を出港。

昭和18年2月7日
トラックに入港。

昭和18年5月29日
艦長:松田尊睦大佐(海兵45期)が着任〔「神川丸」艦長より〕。

昭和18年7月23日~9月28日
トラックへ3回輸送任務を行う。

昭和18年9月24日
横須賀へ向かっている途中、父島沖で、潜水艦による雷撃を受け、右舷に6本(うち5本が不発)が命中。
航行不能となったが、「冲鷹」に曳航され、横須賀に入港。

昭和18年9月28日~19年1月11日
横須賀造船所にて修理。

昭和18年11月17日
艦長:松野俊郎大佐(海兵42期)が着任〔横須賀港務部長兼任〕。

昭和18年12月15日
海上護衛総隊・特設海上護衛隊・護衛空母隊に編入。

昭和19年2月1日
第九三一航空隊が、佐伯基地にて編成され、護衛空母隊に付属し各艦に12機程度搭載。
【装備定数】
九七式3号艦上攻撃機:48機

昭和19年2月15日
艦長:別府明朋大佐(海兵38期/海大21期)が着任〔航空母艦「千代田」艦長より〕。

昭和19年3月20日
艦長:杉野修一大佐(海兵46期)が着任。

昭和19年4月29日
第一海上護衛隊に編入。

昭和19年5月3日~18日
「門司~シンガポール/『ヒ六一船団』」
『ヒ六一船団』の11隻を、艦艇9隻とともに護衛。

昭和19年5月8日
輸送船「あかね丸」が潜水艦により小破。

昭和19年5月23日~6月8日
「シンガポール~門司/『ヒ六二船団』」
『ヒ六二船団』の8隻を、艦艇5隻とともに護衛。

昭和19年6月30日
「大鷹」の九七式艦攻4機を済州島に派遣、鎮海警備府長官の指揮下に編入。

昭和19年7月16日
「ヒ六九船団護衛/大鷹」
「大鷹」磁探機が、基隆北東方で潜水艦を探知し、海防艦「佐渡」及び海防艦「第七号」と協同攻撃を加え、多量の気泡と油の噴出を見て1隻撃沈確実と認めた。
【戦果】
撃沈:潜水艦1隻
《米軍記録》
該当記録無し

昭和19年8月8日~
「門司~シンガポール/『ヒ七一船団』」
『ヒ七一船団』の20隻を、艦艇7隻とともに護衛。
伊万里を出港、馬公へ向かう。

昭和19年8月17日
馬公を出港。

昭和19年8月18日
2328 マニラへの船団護衛中、米潜水艦「ラシャー」の魚雷1本が左舷に命中。
   左舷艦底のガソリンタンクが大爆発、その8分後にルソン島北西方
   (北緯18度12分、東経120度22度の地点)で沈没。
   「ラッシャー」はこの攻撃で魚雷18本を発射、うち15本が命中、
   「大鷹」とタンカー1隻、輸送船2隻が沈没、他の3隻が損傷した。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-05-24
第2稿 2005-05-28
第3稿 2005-06-16
第4稿 2007-06-16 大幅に加筆



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system