旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設航空母艦-特設航空母艦「海鷹」【護送空母】

特設航空母艦「海鷹」【護送空母】


大阪商船「あるぜんちな丸」〔南米東岸航路の貨客船〕を改造

【竣工】
昭和14年5月31日

【徴用】
昭和17年 5月 1日付 特設運送艦
昭和17年 6月30日  航空母艦に改装を決定。
昭和17年12月 9日  買収。
昭和17年12月     三菱長崎造船所にて改装に着手。

【改装完成】
昭和18年11月23日

【基準排水量】
13,600トン

【速力】
23ノット

【航続力】
7,000浬(18ノット)

【発着甲板】
長さ160メートル、幅23メートル

【兵装】
12,7センチ連装高角砲4基8門、25ミリ三連装機銃8基24挺

【搭載機数】
24機

【乗員】
587名

【艦長】
渡部 威  中佐 (海兵34期)
          昭和15年 5月 1日~
高尾儀六  大佐 (海兵46期)
          昭和18年11月23日~19年8月 1日
有田雄三  大佐 (海兵48期/海大31期) 〔呉鎮守府主席参謀より〕
          昭和19年 8月 1日~20年3月15日 〔水雷学校教官へ〕
國府田清  大佐 (海兵49期/海大30期) 〔運輸本部総務課長より〕
          昭和20年 3月15日~5月 1日
大須賀秀一 大佐 (海兵51期)       〔空母「鳳翔」艦長兼務〕
          昭和20年 5月 1日~敗戦

【所属】
昭和18年11月30日付  連合艦隊附属
昭和18年12月10日付  海上護衛総隊
昭和19年 3月17日付  第一海上護衛隊
昭和20年 3月28日付  呉鎮守府部隊
昭和20年 4月20日付  連合艦隊附属

第九三一海軍航空隊の九七式艦上攻撃機12機を搭載。

【分隊長】
小松    大尉  操縦

【分隊士】
芦野    飛曹長 偵察
足立    飛曹長 操縦
山口    飛曹長 偵察
十島    上飛曹 操縦
伊藤    上飛曹 電信
小笠原   上飛曹 電信
川村    一飛曹 偵察

昭和19年1月12日~2月9日
マニラ、シンガポール、タラカン、パラオ、トラック、サイパンへの輸送任務。

昭和19年4月1日~16日
「門司~シンガポール/『ヒ五七船団』」
『ヒ五七船団』9隻を、艦艇7隻とともに護衛。

昭和19年4月21日~5月3日
「シンガポール~門司/『ヒ五八船団』」
『ヒ五八船団』7隻〔タンカー〕を、艦艇4隻〔海防艦九号・「択捉」・「壱岐」・「占守」〕とともに護衛。

昭和19年4月24日
「対潜攻撃」
仏印サイゴン東岸にて、上空直衛中の九七式艦攻が潜航に入った米潜水艦「ロバロ」を発見。
「ロバロ」は急速潜航中、深度約16㍍にて爆弾1発が、左舷前部至近で爆発。主エンジン空気取り入れ口が浸水、深度調整機能が一時的に失われ、多数の道具・装置類が不調となった。

【戦果】
小破:米潜水艦「ロバロ」
*「ロバロ」による日本艦船の被害は無い。

昭和19年5月29日~6月12日
「門司~シンガポール/『ヒ六五船団』」
『ヒ六五船団』12隻を、艦艇7隻とともに護衛。
海防艦「淡路」が沈没、輸送船2隻が小破。

昭和19年6月  日~26日
「シンガポール~門司/『ヒ六六船団』」
26日に門司に帰着。

昭和19年7月13日~8月4日
門司を出港。零戦55機、彗星艦爆10機を搭載。
マニラに輸送。
門司に帰着。

昭和19年8月3(?)日~10月1日
機関故障のため、呉工廠にて修理。

昭和19年10月25日~11月3日
艦攻12機を搭載、高雄航空廠への機材を「竜鳳」とともに基隆へ緊急輸送。
門司・六連港に帰投。

昭和19年11月25日~20年1月13日
「門司~シンガポール/『ヒ八三船団』」
艦攻14機搭載、マニラに向かう輸送船5隻(陸軍第十師団乗船)、シンガポールに向かうタンカー3隻の護衛。
高雄、シンガポール、サンジャック、ハイフォン、香港、舟山島への輸送任務を行い、門司に帰投。

昭和20年3月19日
呉軍港にて米艦載機群の攻撃を受け、飛行甲板に爆弾1発が命中、左舷機械室に浸水し小破した。
呉工廠で復旧工事を受け、12センチ三〇連装噴進砲4基を搭載。

昭和20年4月20日
連合艦隊付属となり、別府湾方面で訓練目標艦として使用された。

昭和20年7月24日
室津に向け別府湾を出港、米機が敷設した磁気機雷に触雷し大破、駆逐艦「夕風」に曳航され別府沖の日の出海岸で擱座。
敗戦を迎える。



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2005-05-23
第2稿 2007-06-09 大幅加筆



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system