旧軍戦史雑想ノート  特設艦船戦史

   トップ > 特設艦船戦史 > 特設艦船戦史について

特設艦船戦史について


旧大日本帝国海軍には、正規の軍艦のほかに、民間からさまざまな船種を徴用し、兵装を搭載したり、改装して使用し、一般的には特設艦船といわれる艦艇群がある。
小は漁船改装の特設哨戒艇から、捕鯨船改装の特設掃海艇、大は航空母艦までのこれら正規の軍艦ではない特設艦船は、世界を相手に戦った旧帝国海軍の重要な戦力として、太平洋はおろかインド洋まで、全戦域で縦横無尽な活躍をし、赫々たる戦果を挙げ、そしてそのほとんどが戦没した。
それらの船の多くは海軍の軍人とともに旧来の船員も乗船したまま戦ったのである。
旧大日本帝国海軍は敗戦とともに滅んだが、海の男の歴史は消滅した訳ではない。
このカテゴリーは戦争という極限状態のなかで、平時であればそれぞれの船種ごとに活躍したであろう船の、戦時の特殊な状態における記録を後世に残すことを目的としている。

また、筆者が作成する他のカテゴリーと内容が重複する場合があるが、掲載記事の性質上ご了承願いたい。




コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system