旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-海軍編

   トップ > 航空戦史-海軍編 > 海軍航空隊〔水上偵察機/飛行艇〕-横浜海軍航空隊

横浜海軍航空隊


【開隊】
昭和11年10月1日

【保有機数】
九七式大型飛行艇24機(開戦時)

昭和16年12月8日当時
第四艦隊・第二十四航空戦隊に所属。(本拠地トラック)

昭和17年1月3日
九七式飛行艇9機がトラックに進出。

昭和17年1月4日
夜間 九七式飛行艇9機でラバウル飛行場の爆撃に出撃。

昭和17年1月
トラックより、ニュ-アイルランド島北東方にある、グリ-ニッチ島に進出。
(機数不明)

昭和17年1月25日
九七式飛行艇8機がラバウルに進出したが、敵機の空襲を防ぐ為、ただちにグリ-ン島に移動。

昭和17年2月2日
夜間 九七式飛行艇5機でポ-トモレスビ-爆撃。

昭和17年2月4日
再度ラバウル進出。

昭和17年2月5日
九七式飛行艇5機でポ-トモレスビ-爆撃。

昭和17年2月20日
「ラバウル東方洋上米機動部隊索敵」
早朝 横浜空の九七式飛行艇が索敵の為、ラバウル水上機基地を発進。
0915 九七式飛行艇1機(機長:坂井 登中尉)が、ラバウルの東方約400浬の
   海域に、空母を含む大部隊を発見と報告。
   その後、 敵は空母1隻、巡洋艦4隻、駆逐艦10隻であると付け加えた。
   敵機動部隊発見の報を受け、特設水上機母艦「聖川丸」の零式三座水上偵察
   機1機(機長:松井由五郎飛曹長)が接触の為、ラバウル水上機基地を発進。
   坂井機と共に接触を保ち、攻撃部隊(第四航空隊の九六式陸上攻撃機17機)
   を米機動部隊に誘導。
【編成】
九七式飛行艇1機
零式水偵  1機
横浜空/索敵機
    坂井 登  中尉  機長
聖川丸/接触機
 操縦 松井由五郎 飛曹長 機長
 偵察
 電信
【被害】
 未帰還:九七式飛行艇1機
     零式水偵  1機
【戦死者】
坂井 登  中尉  (    期)
 その他  名

昭和17年3月10日
「ラエ・サラモア方面の米機動部隊索敵」
九七式飛行艇3機が発進。
1620 ポートモレスビーの沖、九〇浬の地点で「サラトガ型空母1隻、大巡2隻、
   駆逐艦5隻」を発見。

昭和17年3月17日
九七式飛行艇3機でツラギを空襲。



昭和17年4月1日付
改編

第十一航空艦隊・第二十五航空戦隊に所属。

【司令】
宮崎重敏  大佐

【副長】
勝田三郎  中佐  (海兵  期)

【飛行長】
勝田三郎  中佐  (海兵  期) 兼務

【飛行隊長】
田代壮一  少佐  (海兵57期)

【飛行分隊長】
魚野泰弘  大尉  (海兵  期)
足立義郎  大尉          大艇隊
大沢    大尉

【飛行分隊士】
星野広幡  特務中尉        大艇隊
浜田    飛曹長
高野    一飛曹         大艇隊

【飛行分隊長】
佐藤理一郎 大尉  (海兵66期) 水戦隊

【飛行分隊士】
平橋読千代 飛曹長         水戦隊
小藤久輝  飛曹長         水戦隊
堀 竜生  一飛曹 (  ?  ) 水戦隊
小林重人  一飛兵 (  ?  ) 水戦隊
松井三郎  一飛兵 (  ?  ) 水戦隊
辻 正二郎 二飛兵 (  ?  ) 水戦隊

【整備長】
岡田    中佐

【整備分隊長】
山下    大尉

【整備分隊士】
小畑    整曹長
大堀    兵曹
宮川政一郎 整長          五分隊
勝又 勲      (十四志)   四分隊搭乗整備員
田中 豊  機兵
桜井甚作  一工兵

【通信長】
池田    少佐

【主計長】
高橋    大尉

【軍医長】
星野    少佐

【装備機数】
二式水上戦闘機 12機
九七式大型飛行艇16機

同日付
水上戦闘機隊:二式水上戦闘機12機[常用9機 補用3機]が配属された。

昭和17年4月14日
イミエジよりラバウルに進出。

昭和17年4月28日
九七式飛行艇5機が、ショートランドに進出

昭和17年4月29日
哨戒を開始。

昭和17年4月30日
九七式飛行艇6機で、ソロモン群島南部ツラギを空襲。



昭和17年5月3日
「ツラギ攻略作戦」
0100 軽空母「祥鳳」の飛行隊[零戦3機、九七式艦攻3機]の掩護下に、海軍呉
   鎮守府第三特別陸戦隊430名がツラギ島に上陸を開始。
   ツラギ、タナンボコ、カマンボ、ガブツの各島を無血攻略。
1400 ラバウルよりツラギに九七式大艇3機が進出。

昭和17年5月4日
「哨戒飛行/ツラギ基地」
早朝 九七式大型飛行艇3機が哨戒の為、ツラギを発進。
【編成】
九七式大艇3機

同日
「ツラギ地区米艦載機空襲」
ツラギに米第17機動部隊「ヨークタウン」機延べ99機が来襲、反復攻撃を受ける。
敷設艦「沖島」、駆逐艦「菊月」「夕月」、輸送船「高栄丸」「吾妻山丸」
0615 第一波のSBD艦上爆撃機28機がツラギ上空に到達。
0620 続いてTBF艦上攻撃機12機が港内に突入。
   港内にあった特設水上機母艦「聖川丸」飛行機隊の水偵3機が緊急発進した
   が、水上滑走中に1機が炎上沈没。
0930 第二波のSBD艦上爆撃機27機、TBF艦上攻撃機11機が来襲。
   第二波を九五式水偵1機、零式水偵1機が邀撃。TBF艦上攻撃機1機を撃墜。
1200 第三波のSBD艦上爆撃機21機が来襲。

【戦果】
撃墜:3機以上[対空砲火]
《米軍記録》
損失:3機
     ・被墜 :TBF攻撃機1機
     ・不時着:F4F戦闘機2機
損傷:8機
     ・大破 :SBD6爆撃機6機
          TBF攻撃機 2機
【被害】
沈没:4隻
     ・駆逐艦  「菊月」
     ・掃海特務艇「玉丸」
     ・  〃  「第一号」
     ・  〃  「第二号」
小破:2隻
     ・敷設艦  「沖月」
     ・駆逐艦  「夕月」

昭和17年5月5日
「米機動部隊索敵/ツラギ基地」
早朝 ツラギより九七式大艇6機が発進。
【編成】
九七式飛行艇6機

同日
「米機動部隊索敵/ショートランド基地」
0330 ショートランドより九七式飛行艇3機が発進。
   浦田清之助大尉機が一五五度四〇〇浬進出したところで消息を絶つ(「ヨーク
   タウン」より発艦した第5戦闘機隊:V・F・マコーマック大尉指揮のグラマ
   ンF4F艦上戦闘機4機の奇襲を受け被墜)。
【編成】
九七式飛行艇3機
機長/浦田清之助 大尉
【被害】
損失:九七式飛行艇1機[未帰還]

昭和17年5月6日
「珊瑚海海戦・索敵/ツラギ基地」
0430 九七式飛行艇4機で、ツラギを発進。珊瑚海の南六五〇浬に扇状索敵を行う。
0810 山口清三飛曹長機が米第17機動部隊を発見。
   「敵ラシキモノ見ユ、大部隊 基地ヨリノ方位一九二度、四二〇浬」と打電。
0830 「敵ラシキ空母1、戦艦1、重巡1、駆逐艦5見ユ 針路一九〇度、速力二〇
   節」
   「付近天候晴、視界50キロ 雲量4~5、雲高1,000メートル」
   山口飛曹長機はその後、4時間10分にわたり接触をつづけた。
1200 「敵ノ航行序列、重巡、戦艦、空母 駆逐艦5ハソノ前方ノ3カイリニ捜索列
   ヲ張ル 各艦ノ距離500メートル、空母ノ甲板ニ飛行機30機有リ」と打電。

【編成】
九七式飛行艇4機
機長/山口清三 飛曹長

昭和17年5月13日
ツラギを撤退、ラバウルに引上げる。

昭和17年5月25日
「シドニー夜間爆撃/ラバウル基地」
ラバウルを発進した九七式飛行艇が、オーストラリア・シドニーの夜間爆撃を行う。
【指揮官】
安達 大尉
【編成】

【戦果】

【被害】

昭和17年5月29日
ツラギに敵機来襲。
(詳細不明)



昭和17年5月26日
横須賀航空隊・水上機隊で二座水偵よりの転換教育を終え、編成の終了した横浜航空隊・水上戦闘機分隊[分隊長:佐藤理一郎大尉/常用9機 補用3機]は、特設水上機母艦「聖川丸」で、横須賀をラバウルに向け出港。
【分隊長】
佐藤理一郎 大尉  (海兵66期)
【飛行分隊士】
平橋読千代 飛曹長
小藤久輝  飛曹長
堀 竜生  一飛曹 (  ?  )
小林重人  一飛兵 (  ?  )
松井三郎  一飛兵 (  ?  )
辻 正二郎 二飛兵 (  ?  )

昭和17年6月3日
水上戦闘機隊がラバウルに到着した。
当時、ラバウル水上基地には横浜空のラバウル残留隊と、「聖川丸」飛行機隊(3月中旬、「聖川丸」が内地帰還の際残留した)が展開していた。
陸上機の主力は、ニューギニアのラエに進出していた。

昭和17年6月5日
「ラバウル上空哨戒」

昭和17年6月10日
「ラバウル上空哨戒」
早朝 二式水戦5機で哨戒中に5機が来襲、1機が攻撃したが効果は不明。
 一番機 平橋読千代 飛曹長

昭和17年6月22日
在ラバウル水上基地主力のツラギ基地への移動が下令。
横浜空水戦隊は6月29日までラバウルの上空哨戒を実施したが、その間、2度来襲した敵機を追撃したが、捕捉できなかった。

昭和17年7月4日頃
水戦隊がツラギ島対岸にあるフロリダ島水上基地に進出。

昭和17年7月5日
「ツラギ方面上空哨戒」

昭和17年7月6日
「ガダルカナル島上空邀撃戦/フロリダ島基地」
フロリダ島基地より二式水戦が発進。
ポートモレスビーより偵察に来た、ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機を邀撃。

昭和17年7月10日
「ツラギ方面邀撃」
2機のコンソリデーテッドB24「リベレーター」四発重爆撃機を邀撃。
1機を撃墜、初戦果を挙げる。
【戦果】
撃墜:B24爆撃機1機

昭和17年7月17日
「ガダルカナル方面邀撃」
フロリダ島基地より二式水戦が発進。
ポートモレスビーより偵察に来た、ボーイングB17・フライングフォートレス四発重爆撃機を邀撃。
【編成】
不明[筆者注:調査未完]
  堀 竜生 一飛曹
【戦果】
撃墜:B17爆撃機1機
【被害】
損失:二式水戦1機[未帰還]
【戦死者】
堀 竜生  一飛曹 (  ?  ) 水戦隊

昭和17年7月23日
「ガダルカナル方面邀撃」
フロリダ島基地より二式水戦が発進。
ポートモレスビーより偵察に来た、ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機を邀撃。
【編成】
不明[筆者注:調査未完]
  松井三郎 一飛兵
【戦果】
不明
【被害】
損失:二式水戦1機[未帰還]
【戦死者】
松井三郎  一飛兵 (  ?  ) 水戦隊

昭和17年7月31日
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機7機がツラギに来襲。



昭和17年8月1日
「ツラギ方面邀撃」
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機10機がツラギに来襲。
【編成】
不明
【戦果】
撃破:B-17爆撃機3機

昭和17年8月2日
「ツラギ方面邀撃」
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機10機がツラギに来襲。
【戦果】
撃墜:B17爆撃機2機(うち1機不確実)

昭和17年8月3日
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機2機がツラギに来襲。

昭和17年8月4日
九七式飛行艇各1機で、フィジ-/ニュ-カレドニア諸島偵察。

同日
「ツラギ方面邀撃」
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機9機がツラギに来襲。
フロリダ島基地より二式水戦が発進。
小林一飛兵機が、B17爆撃機1機に体当たりを行い、撃墜した。
【編成】
  小林重人 一飛兵  体当り、自爆 戦死 *撃墜:B17爆撃機1機
【戦果】
不明
《米軍記録(米陸軍第11爆撃航空群)》
損失:1機(水戦の体当りにより)
【被害】
不明
【戦死者】
小林重人  一飛兵 (丙飛 ?期)

昭和17年8月5日
「ツラギ方面邀撃」
詳細不明[筆者注:調査未完]
【戦果】
不明
《米軍記録(米陸軍第11爆撃航空群)》
損失:1機

昭和17年8月7日
「ツラギ地区防衛戦」
ボーイングB17「フライングフォートレス」四発重爆撃機がツラギに来襲。
フロリダ島基地より二式水戦が発進、これと交戦。
0410 艦載機多数がツラギ地区に来襲、これと交戦。
【戦果】
不明[筆者注:調査未完]
《米軍記録》
損失:B17爆撃機1機

同日、米軍がツラギに上陸。横浜空の主力は全滅した。
8月7日時点で、ツラギには9機水戦が残っていた。米空母艦載機隊は交戦により二式水戦7機を撃墜したとしているが、玉砕により日本側の公式記録は失われており、戦果、被害ともに不明である。

米上陸軍はツラギ島に艦砲射撃を行い、米第一海兵師団が三次に渡り上陸を開始した。
「敵兵力は空母2隻、戦艦1隻、巡洋艦3隻、駆逐艦15隻、輸送船40隻」であること、かつ敵の上陸兵力が圧倒的に優勢であることを最後電として、0600以後 連絡が途絶える。
ガブツ島に艦砲射撃の後、米軍約一個大隊が上陸を開始。昼過ぎまでに大部分が占領された。
タナムボゴ島に艦載機爆撃、艦砲射撃の後、米軍約一個大隊上陸を開始。

ツラギ地区守備隊
ツラギ島/第八十七警備隊本隊   約250名
     第一四設営隊(一部)   144名(ツラギ島・ガブツ島)
ガブツ島/第八十七警備隊派遣隊  約 50名
横浜海軍航空隊           342名
 二式水上戦闘機            9機(フロリダ島)
 九七式飛行艇             7機(ガブツ島)

昭和17年8月8日
ツラギ島が占領される。

昭和17年8月9日
タナムボゴ島が占領される。

昭和17年8月11日
ツラギ地区完全占領。
横浜空司令:宮崎大佐以下と、第八四警備隊の指揮官:鈴木正明中佐以下約450名の合計約700名の海軍将兵が玉砕。
ツラギ地区の戦闘で生き残った日本軍の捕虜は20数名、フロリダ島などに脱出したのが70名程度と推定される。
脱出者も大多数が戦死している(生還者は、宮川政一郎整長を含み17名のみ)。
ラバウルに残留していた水戦隊は、ショートランドに移動。

昭和17年8月26日~9月1日
水戦隊はショートランドで2機~4機が哨戒を行う。
  小藤久輝 飛曹長

昭和17年9月上旬
水戦隊は特設水上機母艦「神川丸」飛行隊に吸収された。

昭和17年9月23日
再編成の為、ラバウルより内地に帰還。

昭和17年10月1日付
水戦隊は編成より削除された。

昭和17年11月1日付
改称され『第八〇一海軍航空隊』に名称を変更された。

以下、『第八〇一海軍航空隊』の項に続く



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

[筆者注:未完成稿ですので、今後大幅に加筆、改訂作業を予定しております]

2005-03-08 初稿
2011-03-05 (1)~(5)を合体



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system