旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-海軍編

   トップ > 航空戦史-海軍編 > 海軍航空隊〔水上偵察機/飛行艇〕-佐世保海軍航空隊

佐世保海軍航空隊


大正9年、佐世保

【定数】
水上機部隊。後に付近に小規模な飛行場を併設し、陸上機を置いたが狭くて使いずらく、十分な活用が出来なかった。

【所属】
佐世保鎮守府

佐世保海軍航空隊/大村分遣隊

昭和16年秋頃
九六式艦上戦闘機隊を長崎県大村航空基地に展開、大村分遣隊を設置。
零戦による空戦訓練の他、佐世保鎮守府の防空を担当する準実施部隊。

昭和19年7月初旬
飛行隊長:神崎国雄大尉と先任下士官:名原安信上飛曹が、局地戦闘機「雷電」の講習を受けに厚木の第三〇二海軍航空隊に派遣され、雷電2機を受領。
岩永夏男飛曹長らが夜間戦闘機「月光」、長野一敏飛曹長らが「雷電」の受講ために、同じく三〇二空に赴いた。

昭和19年7月7~8日
「佐世保、長崎地区B-29夜間空襲」
0200~0300 ボーイングB‐29「スーパーフォートレス」四発重爆撃機18機が、
      佐世保、大村、戸畑、八幡へ少数機による、牽制夜間爆撃に来襲。
      陸軍第十九飛行団の53機が邀撃。
海軍は夜間の為、邀撃に参加出来ず。
【戦果】
無し

【被害】
無し

昭和19年7月10日頃
三〇二空より月光3機が、佐世保鎮守府の依頼を受け、佐世保、大村方面の夜間防空の為、大村基地に派遣されて来る。
【編成】
三〇二空大村派遣隊
 一番機 操縦 遠藤幸男 中尉
     偵察 尾崎一男 一飛曹
 二番機 操縦 野村安蔵 二飛曹
     偵察 大沼正雄 飛曹長
 三番機 操縦 岡戸 茂 上飛曹
     偵察 名和 寛 一飛曹
岩永飛曹長らは月光3機を受領、大村に帰還。

昭和19年7月中旬
佐世保空本隊で、水上機搭乗員より夜間戦闘機への転科者を募り、操縦員の赤松 寛上飛曹、平山智寿一飛曹、櫛野英人二飛曹、偵察員の分隊士:岡本 常少尉(予備13前期)、半場敏之二飛曹らが応じ、司令部付の零式輸送機の搭乗員からは、偵察員の先任下士官:二村繁三上飛曹が応じ、大村に移動。

昭和19年7月19日付
“大海令第三〇号”により第三〇二海軍航空隊、呉海軍航空隊及び佐世保海軍航空隊の戦闘機隊が、以後、陸軍防衛総司令官(東久邇宮稔彦王大将)の作戦指揮を受ける事となり、佐世保空戦闘機隊は西部軍司令官(下村定中将)の指揮下に入り陸軍第十二飛行師団(旧第十九飛行団)と協同して所定地域の防空に当たる。

昭和19年7月下旬
予備13前期の偵察員の住吉茂信、村野幾士、川村保治各少尉が着任。

第三五二海軍航空隊(草薙)
【開隊】
昭和19年8月1日
大村航空基地にて、『佐世保海軍航空隊・大村派遣隊』を改編(佐世保、長崎、大村地区の防空を主任務)
【装備定数】
局地戦闘機(乙戦)48機
夜間戦闘機(丙戦)12機




コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system