旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-海軍編

   トップ > 航空戦史-海軍編 > 海軍航空隊〔水上偵察機/飛行艇〕-飛行艇部隊について

飛行艇部隊について


飛行艇航空隊は、飛行艇24機(常用18機、補用4機)の編成であると、隊員数は二千名を越える大部隊である。
 航空隊の編成についても、飛行艇は大型機なので、1機に10名以上の乗員が搭乗する。当然、編成等も他の機種の航空隊とは自ずと変わっているので、以下に概略する。
  1. 飛行分隊長(第一~六分隊長)は九七式飛行艇4機、搭乗員約50名を配下にもっていた。
  2. 整備分隊は各飛行隊長のもとにあり、それぞれが飛行科三個分隊の飛行艇(12機)を担当していた。
  3. 飛行科士官はすべて各飛行分隊長が掌握しており、特に飛行隊付は配置されなかった。
  4. 飛行分隊長は、内務編成上の分隊長職のほかに、作戦編成上の中隊長の任務がある。
  5. 各長には掌長(掌飛行長、掌通信長など)1名が付属し、資材補給などを掌握していた。
  6. 飛行長、飛行隊長は搭乗配置にあるが、機長を兼務しない。飛行分隊長は機長を兼ねている。
  7. 作戦計画などの司令部機能は、6名の飛行分隊長と飛行隊長、飛行長が当たり、事務は飛行士、飛行隊士の2名が処理。
  8. 術科指導官は6名の飛行分隊長がそれぞれ担当していた。
  9. 搭乗編成は空戦を考慮して決められた。
  10. 【大型機の機長は階級に基づき、操縦・偵察のいずれかが機長となる。機長は空戦時には必ず指揮官席についた。操縦員が機長の場合は操縦員を別に 2名配員した。
    空戦になった場合、機長、操縦員2名、搭乗整備員、通信員各1名は所定配置を離れず、他は全員機銃に配員するよう配慮した。九七式飛行艇は11名、二式飛行艇は11~13名を1個クルーとしていた。
    個有配置は、指揮官1名、操縦、偵察、電探(レーダー、のちに追加された)、通信、搭整各2名、二式飛行艇は見張り兼射手2名が追加されていた】
  11. 九七式飛行艇の機銃装備は、20㍉×3、7.7㍉×3。二式飛行艇は、20㍉×5、7.7㍉×3


【参考文献】
主要参考文献
日辻常雄 著 『最後の飛行艇―海軍飛行艇栄光の記録』 今日の話題社
本間 猛 著 『予科練の空―かかる同期の桜ありき』  光人社



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system