旧軍戦史雑想ノート  航空戦史-海軍編

   トップ > 航空戦史-海軍編 > 航空戦史-海軍編について

航空戦史-海軍編について


お寄りいただいてありがとうございます。
ここは筆者が調査と研究を続けている、旧大日本帝国海軍航空隊の戦史についてのカテゴリーです。
今まで個人的な事項として行っていましたが、もしかしたら、このような特殊で極限状況にあった日本の近代史の一部に興味ある人たちがいるのでは?という思いから公開(2004年12月8日付)することにしました。
航空隊や飛行隊の戦歴を中心に、なるべく対戦相手である連合国側の資料と相照らしながら航空戦の実態に迫っていきたいとおもいます。

筆者が興味があるものは人間です。
このカテゴリーでは、旧海軍の航空隊に所属し、教え、学び、そして戦った人々の時系列での事実と、その積み上げに終始しています。
航空機や兵器についての言及は必要最小限に留めてありますので、その手のものに興味のある方には退屈かもしれません。

戦争というものは人類が生んだ、最も愚かな行為です。巨大な暴力による民族と民族、国家と国家の戦いです。
そして、軍備、作戦や兵器には色濃くその民族性がでます。それらはすべて人間によって作り上げられ、相手を打ち負かすという愚かな結論に突き進んでいきます。人間の持つ愚かな一面でありますが、そのような極限状態の中からも、愛や友情、ヒューマニズム、喜びや感動が生まれます。
筆者はそこに興味があります。ここに書かれていることは戦争や旧軍人、まして戦前の天皇制への賛美ではありません。むしろ、筆者はその対極にあるといってもよいでしょう。

戦争がなければ死ななかったはずの人達に対して、愛惜の意を込めて彼らの行動や最後を記録していきたいと思います。

〔お願い〕
当サイトに掲載している記事は筆者の個人的見解です。無断転載と営利目的での使用はご遠慮下さい。

【参考】
神風特別攻撃隊について」、「出典について」 も併せてお読み下さい。



[筆者注]
初稿  2004-12-08
第2稿 2005-04-10 一部加筆

コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system