旧軍戦史雑想ノート  資料

   トップ > 資料 > 特設艦船戦史-特設巡洋艦

特設巡洋艦


分類:特設軍艦
合計:14隻

戦前にアフリカ、イギリス航路等の定期船の中から中型で高速の商船に武装を施し、巡洋艦の補助として使用した。
主に哨戒、通商破壊、船団旗艦として用いられたが、攻撃力や速力などは軍艦に比べ低かった。
作戦中の撃沈された5隻、特設砲艦に艦種変更2隻、残り7隻は昭和18年10月特設巡洋艦より特設運送艦に変更された。

「浅香丸」「粟田丸」「赤城丸」
 ・排水量7,300総トン級
 ・8,000馬力
 ・速力18ノット
 ・14~15センチ砲4門
 ・第五艦隊・第二十二戦隊の旗艦として、本土東方海上の哨戒艇母艦として活躍した。

「能代丸」
 ・7,189総トン

「金龍丸」
 ・7,043総トン

「清澄丸」
 ・6,983総トン
 ・速力18~19ノット
 ・15センチ砲
 ・水上偵察機1~2機

「報国丸」「愛国丸」「護国丸」
 ・排水量10,000トン級
 ・13,000馬力
 ・速力約20ノット
 ・14~15センチ砲8門
 ・水上偵察機1機

「西貢丸(さいごんまる)」「盤谷丸(ばんこっく丸)」
 ・排水量5,350総トン級
 ・3,500馬力
 ・速力16ノット
 ・12センチ砲4門
 ・機雷500個

「浮島丸」
 ・排水量4,730総トン

「金城山丸」
 ・排水量3,262総トン

「金剛丸」
 ・排水量7,043総トン



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

[筆者注:調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております]
初稿  2006-07-29



copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system