旧軍戦史雑想ノート  資料

   トップ > 資料 > 特設艦船戦史-特設砲艦

特設砲艦


特設巡洋艦の小型版で、小型の貨物船を改装、船団護衛や基地の防衛、哨戒、警備等に使用。
日華事変から太平洋戦争にかけて91隻が民間より徴用された。敗戦時に残存していたのは、特設運送艦に転籍されたもの含め7隻のみ。
兵装は8~12センチ砲2~4門、7.7ミリ機銃1~2基、爆雷等を装備。簡易式水中聴音機や爆雷120個を搭載したものもあった。12センチ砲は、アームストロング式40口径砲で日露戦争時に巡洋艦に搭載されていたもの。8センチ砲もアームストロング式40口径でこれも日露戦争当時の駆逐艦に搭載されていたものと同型。ともに最大射程は約4,000メートルの旧式砲であった。
艦長は予備役の少佐、中佐クラスが多く任命された。
太平洋戦争の中期以降はレーダーの発達により多大の犠牲を出し、後期は主に前進基地の防衛に使用されるようになった。

【終戦時残存艦】
「第一雲洋丸」 (2,039総トン)
「華山丸」   (2,103総トン)
「千歳丸」   (2,668総トン)
「第十二日正丸」(1,199総トン)
「那智丸」   (1,606総トン)
「第二新興丸」 (2,577総トン)
「第一〇福栄丸」(  847総トン)

【その他】
「長運丸」   (1,914総トン) 17年に第二護衛隊に編入され、ラバウルや
                   トラックへの船団護衛に使用。
「豊津丸」   (2,930総トン) 17年2月、マーシャル諸島に来襲した、米
                   重巡「ノーザンプトン」「ソルトレークシテ
                   ィ」と交戦、沈没。






copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system