旧軍戦史雑想ノート  資料

   トップ > 資料 > 航空戦史海軍編-第二十七航空戦隊

第二十七航空戦隊


【所属】
北東方面艦隊 第十二航空艦隊      昭和19年6月10日現在

【司令官】
松永貞市  中将  (海兵  期)

【主席参謀】
間瀬武治  少佐  (海兵  期)   昭和19年6月10日現在

【編成】
第二五二海軍航空隊
第四五二海軍航空隊
第七五二海軍航空隊
第八〇一海軍航空隊

八幡部隊を指揮。
「硫黄島上空航空戦」

昭和19年7月10日付
改編
第二十七航空戦隊は第十二航空艦隊から第三航空艦隊に編入。

昭和19年7月20日
南方諸島海軍航空隊、硫黄島警備隊、第二百四設営隊(硫黄島住民も徴用される)は第二十七航空戦隊の隷下に入る。

【所属】
第三航空艦隊

【司令官】
市丸利之助 少将  (海兵41期/第3期航空術学生)

【参謀】
常盤峯雄  大尉  (海兵  期/兵科) 昭和19年7月25日~9月1日
           硫黄島警備隊付

【編成】
南方諸島海軍航空隊
硫黄島警備隊
第二百四設営隊

昭和20年3月17日
【戦死者】
今井 朗  少尉  (予備14期〈中大〉/飛行要務専修) *硫黄島

*未完稿



【参考文献】
主要参考文献 を参照下さい。

[筆者注:調査未完のため、今後大幅に加筆・改訂を予定しております]

初稿  2005-07-29
第2稿 2006-10-01 一部加筆

コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system