旧軍戦史雑想ノート  資料

   トップ > 資料 > 航空戦史海軍編-京都市空襲と被害

京都市空襲と被害


巷間、京都は空襲を受けていなかったと言われているが、それは誤りである。昭和20年に入り3度空襲を受けている。この内に一回は、三菱発動機第14工場(京都)への爆撃である。
ただし、他の都市のように市街地への無差別爆撃は行われていないので、米空軍も最初からその意図は無かったのかもしれない。

【京都市役所発行『京都史誌』より】
空襲年月日戦災面積人的被害(人)家屋損害(戸)
被災者死者傷者全焼半焼一部破壊
20年1月16日1,000㎡729
[715]
41
[35]
48
[133]
141-175
20年4月16日不明-2
[2]
48
[49]
--7
20年6月26日400㎡850
[1,140]
50
[44]
300
[206]
7184137
筆者注:[ ]内は公刊戦史の数字による




コメントを読む››


copyright © 2011 旧軍戦史雑想ノート all rights reserved.
inserted by FC2 system